タイヤの点検4つのポイントで安全ドライブ

安全に車を走行するために、タイヤは重要な場所になります。

なので、日頃から簡単にできる、チェックをこころがけましょう!
今回は、その4つのチェックポイントをお伝えします。

タイヤを日頃からチェックする4つのポイント

タイヤのチェックポイントは、4つあります。

  • タイヤの溝の深さ
  • 製造年数月
  • 横側のひび割れ
  • 空気圧

になります。

この4つを点検しておきましょう。

タイヤの溝の深さ

タイヤの溝は1.6ミリ以上ないと、道路交通法違反になります。また、スリップサインといって、タイヤを交換する目安のサインがあります。

タイヤメーカーは4ミリで交換を推奨していますが、1.6ミリ以上あれば違法ではないので、その辺りまで乗っても大丈夫です!

溝が少なければ、車検も通らないので、ある程度減ったら変えなければいけません。

製造年月日

製造年月日はタイヤの横面に書いてある、細いながまるの枠の中に数字が書いてあるのが、製造年月日の西暦、月になります。

側面のヒビ割れ

タイヤはゴムなので、どうしても劣化してきます。

劣化してくるとヒビ割れを起こしてくるので、パンクの原因にもなります。

また、高速走行で、破裂する可能性もあるので、早めに交換した方が良いです。

消費期限は4〜5年と言われています。

なので、製造年月日を確かめて、何年経っているか見てみて下さい!

また、頻繁に乗る方はよっぽどヒビ割れしないですが、長期間乗らずに放置すると、ゴムなので、固まってヒビ割れを起こすこともあります。

空気圧

タイヤの空気圧は、運転席のドアを開けると、基準の数値が書いてあります。

空気圧がしっかり入っていないと、タイヤが潰れて、抵抗が出来るため、燃費も悪くなります。

なので、定期的にチェックしてください!

ガソリンスタンドへいけば、セルフスタンドだと自分で見て空気も入れられるスペースがあります。

スタッフがガソリンを入れてくれるスタンドでは、スタッフに空気圧みてくださいとお願いすれば、無料で見てくれます。

ガソリンを入れなかったとしても、大体は快く受けてくれます。

特に遠出する前には必ずチェックしてくださいね!

まとめ

以上この4点を日頃からチェックしてください!

  1. タイヤの溝の深さ
  2. 製造年数月
  3. 横側のひび割れ
  4. 空気圧

タイヤは車にとって足になるので、そこがだめになると走れなくなります。

重大な事故にもなりかねないので、必ず日頃のチェックをしてくださいね!

PS:次回はタイヤの交換時期が来たらどうお得に交換するかをお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です