危ない曇りを除去する方法

雨の日だったり、寒い時期になると、フロントガラスが曇り、見にくくなり運転にも支障をきたしますよね!

そんな、曇りガラスを素早く取りたいですし、できれば曇らないでほしいですよね!

そこで今回は、運転中に素早く曇りを取る方法と、曇りにくくする方法をお伝えしたいと思います。

窓ガラスが曇る理由

窓ガラスが曇るのには原因が2つあります。

1.温度差

1つは、外と車内との温度差でくもります。

冬になると暖房をつけるので、外との気温がより広くなり、曇りが発生してしまいます。

2.車内の湿度

2つ目は、乗車人数が多いと、息を吐いた水蒸気で湿度が上がり曇ります。

それは、濡れた傘や、靴、雪の日には靴についた雪が蒸発し、車内の湿度が上がるため、曇りが発生します。

素早く曇りを取る方法

まず1つ目の、外との寒暖差で曇る場合は、

1.窓を開ける

寒暖差をなくせばいいので、窓を少し開ければ、空気が入れ替わり、曇りも取れていきます。

2.デフォッガーとデフロスターを活用する

次に、エアコンのスイッチの中にあるデフォッガーとデフロスターというボタンを活用します。

デフォッガーは主にリアの窓ガラスについた熱線のスイッチです。
これを入れる事で、窓ガラスが熱を持ち、曇りが取れていきます。

ただ、つけすぎは熱を持ちすぎるので危険です。基本的には、自動でオフになる機能が備わっているので安全ですが、熱している時には近づかないようにしましょう。

デフロスターとは、フロントガラスの両脇にある吹き出し口から熱風を使って、曇りを取る方法です。
これは、除湿も備わっているので、しっかりと曇りがとれます!

デフロスターと、デフォッガー、直訳すると、デフロスターは、霜をじょきょする
デフォッガーは霧を除去するという意味です。

どちらも、曇りを取ることは一緒ですが、デフロスターはフロントガラス、デフォッガーはリアガラスと覚えておくと良いでしょう。

3.エアコンを外気にする

他にもエアコンを外気にして、曇りを取る方法もあります。

ですが、トンネルの中や、前に大きなバスやトラックが走っている場合、排気ガスがそのまま車内に入ってくるので、臭いですし、体にもよくありません!

お子さんがいたらなおさらですね!

この方法は時と場合によって使い分けましょう。

4.曇り止めスプレーを使う。

カー用品店やホームセンターでも売っていますが、これを塗りこむことで、水滴ができにくい状態になり、ベターとした状態になり、曇りにくくなります。

5.研磨剤で磨く

窓用の、ガラス研磨剤があるので、それで油膜を磨きます。
磨いていると、弾いていたところもベターとしてきます。

これは、タバコの煙でついたやにや、汚れから出来た凹凸を磨いて取り除くことです。

磨きが終わり、ここで、外側のようにコーティングを塗ったら曇らないんじゃないかと塗る方もいますが、それは間違いです!!うち窓に窓用コーティング、ガラコなどを塗ってしまうと、水弾きができ、逆に曇ってしまいます。

内窓は磨いたら磨きっぱなしで、キレイに拭き上げましょう。

その2.人口密度と濡れなもので曇る場合

1.窓を開ける

これも寒暖差と同じで、窓を開けることで、湿度が外に逃げて、曇りが解消されます。

2.物を出す

濡れた傘をよくふり、車内の後ろの方に置く、当たり前ですが、靴についた雪を払うなど、極力、濡れたものを車内に持ち込まないことで、曇りは解消されます。

安全な運転をするために

窓が曇ると視界が悪くなり危険です。前方不注意で事故になりかねません。

大切な命を預かるドライバーとして、安全に運転する事を心がけなければいけませんね!

なので窓が曇ったら、すぐに行う事は

  1. 窓を開ける
  2. エアコン機能を使う
  3. 外気にする

窓が曇らなくするためには

  1. 曇り止めスプレーをかける
  2. 窓を磨く
  3. 濡れたものを持ち込まない

これらを行えば、曇りも解消されて、安全なドライブを楽しむことができます。

ぜひ試してみてください。

PS:窓のうちわがクリアになれば外側も気になりますよね!次回は外側のガラスもキレイにして、さらに視界をクリアにする方法をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です